夫婦関係の悩み・ホンネ

「こんなかわいい嫁が欲しい…」と周囲の誰もが羨む!旦那から見る嫁のかわいいポイント9選を発表

「嫁がかわいい!」と思うときありませんか?結婚したばかりの人や、結婚して10年目を迎えた人などさまざまいらっしゃると思いますが、そんな夫婦のほっこりするエピソードや、どんなときに嫁をかわいいと感じたか、旦那さんの視点から見ていきます。結婚している人もそうでない人も、嫁がかわいいと感じる瞬間について必見ですよ!

嫁がかわいいポイントとは

2017年12月27日更新

LISA (ほっとマミー編集部)

  • fb
  • line

[1]「うちの嫁かわいいなぁ」と思う瞬間

「うちの嫁かわいいなぁ」と思う瞬間が旦那さんであればあるはずです。もちろん旦那さんによって、グッとくるポイントは違ってくるかと思いますが、今回はそんな中でも厳選したものをピックアップしてみました。

嫁がかわいいポイント

「貴方のかわいい奥さんは、どんな時にかわいいですか?」

  • ちょっと天然な時

何でも知っていて、旦那さんにわかりやすく説明するも、教えている言葉が微妙に違っていた時。しかもその間違いに気づいて、照れながら間違いを訂正している時などかわいいなと思ってしまいますよね。さらにその間違いをからかった時に、ちょっとすねたり、ポカポカと叩いてきたときなど愛おしく感じたりしますよね。

  • なまりなど方言が入った時

特に関西や東北、北海道など鉛が強い地方の人が、咄嗟に出た言葉がなまっていたりするとグッときますよね。しかも「なんて言ったの?」って聞き返したりしたときに気づいて照れくさそうに小さい声で言ったりする時などです。

  • 不器用なところ

自信満々に「任せて」と言って、最後に結局できなくて泣きつく時。もちろん困っている時に「大丈夫!」「問題ない!」と意地を張っている時もかわいいですよね。

  • 自分のことを思ってしてくれた行動なんだなと感じたとき

疲れて帰ってきたとき、嫁も働いていて忙しいのにご飯を作ってくれたり、スキンシップしてきたりするときもキュンと来ちゃいますよね。

  • 咄嗟にでた言葉

咄嗟に出た言葉をかんだときなんかもかわいいと思っちゃいますよね。例えば旦那さんがいきなり「好きだよ」「愛してる」と言った時のリアクションなど素が出てしまいます。
上記のようなシチュエーションに、旦那さんは嫁がかわいいと感じるそうです。貴方の奥さんも探せばかわいいところがいっぱい見つかるはずです。

嫁がかわいい~日常生活編~

嫁がかわいいと感じるときは、日常生活にもあります。例えば、優しく手家事を手伝ってくれたり、テレビを見ているときに甘えてきたり、お風呂上りだったりと様々あります。

嫁がかわいいと感じる日常生活編

  • 嫁が見せるさりげない気遣い

子どもが生まれて育児が大変だったり、お互い仕事をしていて二人の時間がなかなか取れない時でも心配してくれたり手料理を作ってくれたりなんかするとかわいいなと思っちゃいますよね。大変な時なのに旦那さんのことを考えてくれる時は、特にかわいいなと感じちゃうものです。

  • 家事しているかわいい嫁

仕事なんかで忙しくても、何も言わずに家事をやってくれたりすると、旦那さんは俺の為にやってくれるなんてと思ってかわいいと感じる方が多いようです。相手のことを考えて行動に移せるのは素敵ですよね。

嫁がかわいい~デート編~

日常生活以外でも、二人で久々にデートや食事に行ったときにもうちの嫁かわいいなと思うときがあります。特に二人だけの思い出の場所や、お互いに好きな食べ物を食べたり、二人で過ごした素敵な時間に多いようです。

嫁がかわいいと感じるデート編

  • 手をつなぐとき

よくあるのが買い物に行ったときや、旅行でお土産を買った時などです。旦那さんが重いものを持ってあげようと手を差し伸べたとき。奥さんが勘違いして、重いものを渡さないで手をつなごうとする時などです。

  • 気持ちよく寝ている時

旅行に行くときや、疲れて帰る時などの乗り物に乗っている時によく見られますよね。気持ちよく寝息を立てて、方に寄りかかってくるとかわいいなと感じるようです。

[2]番外編~有名人でかわいい嫁~

有名人の中で、かわいい嫁だなと感じる方は多いです。そんな有名人をスポーツや芸能、歌手などから見ていきます。皆が思うかわいいと感じる嫁はどんな人なのでしょうか?

嫁がかわいいと感じる芸能人編

メディアに出ているかわいい嫁

俳優や歌手、芸人、マルチタレントなど様々なメディアに出ている中でもかわいい・美人と感じる奥さんは多いです。ここではカテゴリ別に有名人夫婦の紹介とどんなところがかわいいかをまとめてみました。

スポーツ選手編

スポーツ選手の奥さんは、アナウンサーや俳優、歌手の方が多い傾向にあります。そんなすてきな奥さんを競技別にピックアップしてみました。

<ゴルフ>

  • 深堀圭一郎

2006年2月に元TBSアナウンサーの進藤晶子と結婚。素敵な笑顔で笑った時のえくぼがかわいい奥さんです。出身地は大阪で、血液型はO型。大学は、慶應義塾大学大学院の課程を修了しています。テレビでは、報道や情報番組を中心にしており、バラエティ番組の司会なども務めていました。

  • 谷原秀人

2008年2月に元ココナッツ娘のメンバーである長手綾香と結婚。結婚した現在も変わらずかわいくて目が大きく、鼻が高いのがポイント。谷原さんの積極的なアプローチにより、結婚。綾香さんは、結婚した現在も芸能活動は継続しており、トライストーン・エンタテインメントに所属しています。

  • 横尾要

2001年末にグラビアアイドルとして有名な「かとう れいこ」と結婚。40歳を超えた今でも美しさは変わらず、端正な顔で、笑顔が素敵な女性。2003年に長女を出産しています。


<野球選手>

  • イチロー

1999年12月にTBSアナウンサーの福島弓子と結婚。弓子さんは、報道や情報番組などに多数出演。イチローとの出会いは、TBSラジオでのアシスタントがきっかけです。イチローを献身的にサポートする姿は海外のメディアでもよく報道されています。笑顔が柔らかく、落ち着いた雰囲気が特徴な弓子さん。

  • 田中将大

2012年3月にタレントの里田まいと結婚。目鼻立ちがくっきりとしていて、優しい笑顔が特徴的。海外での反応も美しい・かわいいと絶賛されています。また旦那さんを献身的に支える姿もあり、素敵でカワイイ奥さんとして有名です。

  • 松坂大輔

2004年12月に元日本テレビアナウンサーの柴田倫世と結婚。目が整っていて、笑顔が印象的な柴田倫世さん。現在は第三子まで出産し、現在は子育てに専念中。


<サッカー選手>

  • 本田圭佑

2008年7月に元保育士の一般人女性と結婚。肌の色が白く、目がぱっちりとしているのが特徴。高校時代からのお付き合いだそうです。本田さんが奥さんに一目ぼれして、告白したことが始まりです。

  • 増嶋竜也

2012年に元バトミントン選手の潮田玲子と結婚。スポーツをやっているということもあり、健康的でスタイルもよく、笑った時の顔かわいいのがポイントです。
2015年には念願の息子さんを授かり、現在は育児に専念しています。

  • 中山雅史

1996年に女優・タレントの生田智子と結婚。2004年には子どもを授かりました。現在は、ママタレントとして、子育て世代の主婦に向けた雑誌のモデルとして活躍中です。

芸能人編

芸能界にもかわいい嫁さんはたくさんいます。特に芸人さんに多いようですね。ここでは俳優や芸人、タレントなどでかわいい嫁がいる方をピックアップしました。

  • 浜田雅功

お笑いコンビのダウンタウンのツッコミ担当。浜田さんは、バラエティ番組のレギュラーを何本も持ち、漫才だけでなく俳優や番組の司会者、歌手や声優など幅広く活躍している。1990年にタレントで女優の小川菜摘と結婚。結婚した際は、吉本興業に移籍しました。夫である浜田との間には、2男もうけています。

  • 佐藤哲夫

お笑いコンビのパンクブーブーのボケとネタ作り担当。性格は、人付き合いがあまりできなくて、一人でいる時間が多いとのこと。趣味はゲームや麻雀、プラモデルを作ること。吉本では、プラモデル部を立ち上げて、日本で開催されたプラモデルの大会で優秀な結果を残す腕前です。2010年4月、以前よりお付き合いしていた一般女性と入籍した佐藤哲夫さん。きっかけは奥さんの方からアプローチしたとのこと。バラエティ番組内で公開されてから美人だと評判になりました。端正な目鼻立ちをしており、顔が小さいのが特徴。現在は、子供が3人で、旦那さんである佐藤哲夫さんが大好きだそうです。

  • 東貴博

お笑いコンビのTake2のボケ担当。一部の番組では、東MAXという名義で出演しています。現在もさんざマナバラエティ番組で活躍。2011年に以前から交際していた女優でタレントでもある安めぐみと結婚。柔らかい雰囲気を持ち、笑った時の顔が魅力的です。2015年に第一子を出産しています。現在育児をしつつ、芸能活動をしています。

  • 藤井隆

お笑いタレントであり、俳優、歌手。よしもと新喜劇でブレイクし、バラエティやドラマなど数多く出演。2005年に元グラビアアイドルの乙葉と結婚。大きな瞳と口の下にあるホクロが特徴的で、笑った時の表情がカワイイのがポイント。2007年には第一子が誕生し、現在は子育てをしながら主婦タレントとしても活動し、さらには着物のプロデュースなども行っています。

  • 庄司智春

お笑いコンビ品川庄司のツッコミ担当。様々なバラエティ番組に出演。2009年に元アイドルである藤本美貴と結婚。当時有名だったアイドルグループであるモーニング娘のメンバーです。愛称はミキティと呼ばれており、顔が幼く笑った時の顔がかわいいのが特徴です。2012年に子供を出産し、現在は育児中。公式ブログもやっており、旦那さんの写真が多く登場しており、旦那さん大好きなミキティ。

  • 北島康介

日本の水泳選手。オリンピックでは、平泳ぎの100mや200mで金メダルを取得。2016年には引退しており、現在は東京都水泳協会の理事を務めています。2012年に歌手である千紗と結婚。彼女はもともとgirl next doorのボーカルでしたが、2013年の解散ライブを開催して、その後芸能界を引退。2014年に女児を出産し、現在は育児に専念。

[3] かわいい妻から見る夫婦のカタチ

かわいくて素敵な奥さんがいる夫婦は、どんなことをしているのでしょうか。もちろん、外見的にきれいになるための努力は奥さん一人でも可能です。例えば、メイクやエステなどです。しかし、二人が仲良くいつまでもラブラブでいるためには、お互いの協力が重要です。では具体的にどのようなことをすればいいのでしょうか。

嫁がかわいい夫婦の形

お互いが干渉しない時間を作る

いくら共通の趣味や話題があったとしても、すべてを合わせるとちょっとのズレでもイライラしたり、ストレスが溜まってしまうものです。最初はいいかもしれませんが、どんどんたまっていっていつか爆発してしまうかもしれません。そんなことがないように、お互いが干渉しない趣味や時間はある程度確保しておくことが重要です。

ストレスをためないように気になったことは口に出す

人によって性格や行動は違います。もちろん夫婦も例外ではありません。細かいところが気になったり、おおざっぱに行動したりなど人によっては様々あります。結婚するまでの経験や癖は治せるものもあれば、難しいものもあります。

ただ、ずっと我慢することはお互いにとって良くありませんので、きちっと話し合うことが重要です。よく知った中であれば長年の経験で察してくれるなどありますが、そんなことで分かり合えたら離婚なんてありません。できる夫婦もいるかもしれませんが、できない夫婦もいます。やはり、言葉で言わないとわからないことはあるので、お互いに話し合う時間を大切にしましょう。

スキンシップをする

長年連れ添うと、なかなか意識することが難しいのがスキンシップです。ほんのちょっとしたことでもいいのです。寝るとき手をつないだり、ちょっとしたことで褒めたときに頭をなでたり、些細なことでいいのです。相手を大切にしているということを行動で示すことが重要なのです。

自分たちの共通の思い出がある場所に行く

付き合い始めや、結婚したての大変だったころほど印象に残っているものです。そんな思い出がある場所を、定期的に二人で行くようにしましょう。お互いがどう思っているかの再確認にもなりますし、何より二人の絆が深くなります。

記念日を大事にする

記念日は、お互いを大切に思っているということがわかる重要な日です。特に男性は、記念日を忘れがちになってしまいますので、注意しましょう。いつまでもラブラブでいるためにも、記念日はプレゼントやデートなどをして相手を大切にすることです。

その際は、言葉にすることも大切ですが「愛している」ということを体現するためにもサプライズなどで相手を喜ばせると絆が深まります。

お互いを尊敬すること

お互いを認め合って、尊敬することは難しいことです。夫婦であれば、相手の意見を受け入れて反省すべき点や、なるほどと納得することは多々あります。しかし、相手を尊敬していれば、すぐに否定することはありません。

仲良くやっていくためにも、相手への尊敬は忘れないようにしましょう。尊敬していれば相手への気遣いや、今どんなことを望んでいるかが見えてくることもあります。

相手の嫌いなことをしっかりと覚えておく

好きな食べ物や趣味は頭に入りやすいですが、嫌いなものとなるとついつい忘れがちです。夫婦であれば、これからの長い道のりを一緒に行きます。お互いを理解して相手の気持ちを察するためにも、嫌いなことはしっかりと頭に入れておきましょう。

相手に多くを望まない

いくら価値観や好みが近いからと言って、衝突しないわけではありません。特に結婚は、自分が求める理想を相手に押し付けてしまうことがあります。男性と女性であればなおさらです。その理想が相手に対する期待となり、実際に家事や育児で自分の期待することをやってくれないと、イライラやストレスの原因になってしまうことがあります。

その小さいズレが積み重なって喧嘩の原因になってしまうので、相手に期待しないようにしましょう。そうすることで、さりげない気遣いや小さな思いやりが喜びに繋がります。

■妻の場合

嫁がかわいいと思う瞬間

ラブラブで素敵な夫婦でいるために奥さんがすべきことは、仕事で疲れている旦那さんを思いやることです。例えばですが、遅く帰ってきた旦那さんに「おかえり」「お疲れ様」「いつもありがとう」という言葉をかけることです。

少ない時間でもいいので会話する時間を作りましょう。どう思っているかは言葉にしないとわからないものです。毎日話すことを意識しましょう。また、単純ではありますが、甘えることも重要です。せっかく好きな人と一緒に過ごしているのですから、甘えちゃいましょう。好きな人から甘えられて嫌がる男性はいません。

■旦那の場合

嫁がかわいいと思う瞬間旦那編

旦那さんが奥さんに対してできることは、会話をすることです。女性の場合は、会話ももちろんですが、ただ聞いてほしいという場合もあります。仕事でのストレスや子育て、家族関係での悩みなどが多く、旦那さんが仕事ばかりであまり会話していないと、その態度に対して感情を爆発させてしまうことも。

どんな些細なことでもいいので聞いてあげましょう。また、奥さんが感情的になっているときでも優しく接してあげることで、奥さんが冷静になったりします。聞き役に徹するのも旦那さんができることの一つですよ。

他にも家事育児など注意が必要です。特に男性は、家事育児をあまり手伝わない傾向にあります。仕事をして帰ってきて疲れているのはわかりますが、家事育児は一人で完結するものではありません。お互いに支えあうことがいつまでも仲良く暮らしていくコツなのです。

最初は妻が我慢するかもしれませんが、積もり積もって爆発するときが必ず来ます。つまらないことでイライラしたり、喧嘩したりするのはもったいないですよね。ここで気を付けるべきポイントは、男性側が家事育児をやった時に威張らないでおくことです。さりげなく嫁の手助けをすることがポイントですよ。

[4]かわいい嫁はいつまでもかわいい!

旦那さんがかわいいと感じる行動は、おっちょこちょいなところだったり、忙しくても自分を気遣ってくれたりと様々ありましたね。いろんなエピソードがありましたが、結局のところ旦那さんの事が大好きという感情がかわいいに繋がっているということですね。

そんな素敵でかわいい嫁と、いつまでも一緒に過ごすためにもお互いを尊敬し、どんなことでもいいので話し合うことが秘訣です。家にすぐ帰ってかわいい嫁と素敵な時間を過ごしましょう。また、自慢したくなる妻の特徴も合わせて読んでみて下さいね。

[5]いつまでもかわいい嫁でいるために!

出産を経験したり、付き合いが長くなってくるとどうしてもラブタイムの回数は減ってきてしまいがち。日本家族協会が実施した調査によると、日本国内のセックスレス夫婦の割合は44.6%。
なんと、半数の夫婦が1ヵ月以上セックスしていないことが明らかになっているのです。夫婦のセックスレスが当たり前になりつつあるのがこの時代なのです。

しかし、いつまでも恋人同士のようにラブラブな夫婦だってたくさんいます。実は、これは夫だけの問題ではありません。そんな夫婦は、女性側が必ず努力を行っているのをご存知でしょうか?

ラブタイムへ直結する努力といえば、やはり女性としてのボディケア。たるんだお腹やハリを失ったバスト、無駄毛…気になるパーツはたくさんありますが、それらよりもラブタイムに最も関係するケアすべきパーツがあったのです。

磨くべきパーツとは

いつまでも愛され続けるために磨くべきパーツ、それは『デリケートゾーン』なのです。
あなたのデリケートゾーンをチェックしてみてください。妊娠中は体調不良、出産後は夜中の授乳などで睡眠が不規則になったり、疲れたり…。以前に比べてボディケアにかける時間が減り、黒ずみ汚れが沈着して、くすんだ印象になっていませんか?

LCラブコスメが男性を対象に実施したアンケートによると、「女性のデリケートゾーンを見て黒ずんでいたことがある」と回答したのは全体の70%。
部屋を暗くすれば大丈夫…と思っていても、男性はバッチリ見ています。いつまでも旦那さんに愛され、ひとりの女性として求め続けてもらうためにも、デリケートゾーンのケアは欠かせないのです。

デリケートゾーンは念入りに洗えば良いものではない

デリケートゾーンは念入りにゴシゴシ洗えば大丈夫!というものではありません。敏感なパーツですから、強くこすってしまうと摩擦によってその部分が余計に黒ずんでしまうことも…。

そんなデリケートゾーンの正しいケア方法について、意外と知らない女性は多いのですが、1日たった3分でできる、とっておきのデリケートゾーン専用のケアがあるんです。

デリケートゾーンの専用ケアをして、自分のカラダに自信を持ち、旦那さんと幸せなエッチ体験をした彼女たちが使っていた石鹸とは、ラブコスメのデリケートゾーン用石鹸『LCジャムウ・ハーバルソープ』。

 LCジャムウ・ハーバルソープ

ジャムウとは、インドネシアの各家庭に伝わるハーブなどの天然素材を調合したもので、古くから女性独自のお悩みをケアするものとして用いられていました。「LCジャムウ・ハーバルソープ」は、そんな伝統の製法をもとに、日本人女性の肌に合わせて調合したデリケートゾーン用の石鹸です。

使い方はとっても簡単!泡立てネットを使ってよく泡立てた「LCジャムウ・ハーバルソープ」の泡を黒ずみやニオイが気になるパーツに乗せて、3分間経ったら洗い流しするだけ。濃密度の高い泡で「簡単3分間パック」をすると、黒ずみやニオイの元をさっぱりと洗い流してくれます。

安定剤や着色料、防腐剤、石油系界面活性剤を使用していないので、黒ずみ汚れが気になるデリケートゾーンや乳首はもちろん、ニオイが気になるワキや足など全身に使えます。、毎日のバスタイムでお手軽にニオイと黒ずみケアができるので、相手にいつも清潔感を感じてもらえるのも人気の理由です。

年齢を重ねていく中で、ゆっくりと変化していくお互いのカラダ。そんな中、旦那さんにとって「いつまでもかわいい嫁」と感じてもらえれば、マンネリしたセックスも常に新鮮な気持ちが芽生えるはず。

そんな清潔感あふれるデリケートゾーンを目指して、出産後も育児中も無理なく続けられる「LCジャムウ・ハーバルソープ」を使った『簡単3分パック』を始めてみてはいかがでしょうか。

  • みんなこんな記事も読んでます

    関連するキーワード