子育て・赤ちゃんの悩み

赤ちゃんのお風呂で使うスイマーバはいつから?サイズや正しい付け方を知って事故のない安全なバスタイムを

かわいい育児アイテムとして有名な「スイマーバ」。お風呂やプールでぷかぷか浮かぶ赤ちゃんを見ると可愛くてたまりませんよね。ぜひ買いたい!というパパやママも多いと思います。しかし、間違った使い方をすると、事故につながりかねません。今回は、スイマーバの正しい使い方や注意点をご説明します。

赤ちゃんのお風呂で使うスイマーバはいつから?サイズや正しい付け方を知って事故のない安全なバスタイムを

2017年07月11日更新

Ayano (ほっとマミー編集部)

  • fb
  • line

[1]スイマーバとは

スイマーバとは

スイマーバは、赤ちゃんが生まれて初めてエクササイズをすることを目的に開発された、うきわ型のスポーツ知育用具であり、赤ちゃんがプレスイミングを行うものです。イギリスで発売され、世界中で大人気となった商品です。

スイマーバを実際に使用し、お風呂に入れている様子
▼rinrie1024さんのお子さま。ぷりぷりのおしりがなんとも可愛らしいですね。この時期しか見ることのできないキュートな姿です。


※こちらの画像はご本人様の許可をいただいて掲載しております。無断転載はしないようお願い申し上げます

▼chikaboh31さんのお子さま。ぷかぷかお風呂に浮いてご機嫌のスマイルです。スイマーバで無理なく水に慣れる事ができ、楽しいバスタイムが過ごせますね。


※こちらの画像はご本人様の許可をいただいて掲載しております。無断転載はしないようお願い申し上げます

スイマーバはいつからいつまで使えるの?

首リングのスイマーバは、生後1カ月以上から生後18カ月かつ体重が11kgまでの赤ちゃん専用です。生後1カ月から使用できるとなっていますが、赤ちゃんの首が据わった後でもかまいません。首が据わっていない赤ちゃんには取り付けが大変ですし、注意が必要になってきます。
首が据わる4カ月頃から使い始めるのがいいかもしれませんね。ただ、頭が小さめの赤ちゃんもいますので、必ず使用前にスイマーバのサイズを確認してくださいね。

スイマーバのメリット

  • 全身運動ができる
  • 水の中で手足をバタバタさせて、自由に動くことができます。手や足、全身を使って思いっきり動くことができるのも水中ならではのことです。

  • 水への抵抗感がない
  • 赤ちゃんの頃から水に慣れるようになるので、水への抵抗感や恐怖感が少なくなります。早い段階で本格的な水泳が始められるかもしれませんね。

  • 赤ちゃんの発達を促す
  • スイマーバを使うことで、水の中でのバランス感覚や持久力、また水に浸かっている感覚を楽しむことで刺激を受け、好奇心を促すことにつながります。

  • コミュニケーション
  • スイマーバは赤ちゃん1人で遊ぶためのものではなく、パパやママと一緒に遊ぶものです。水中で一緒に触れ合うことで親子のコミュニケーションにもつながります。

  • 夜泣きの解消に効果あり
  • スイマーバを付けて水中に浮かんでいる様子は、ママのお腹にいるときの羊水に浮かんでいるような気分になれるといいます。赤ちゃんがリラックスして、夜泣きの改善に効果があるといわれています。

スイマーバを楽しむためのポイント

  • 最初から長時間の使用は避ける
  • スイマーバを使用するときは、赤ちゃんがご機嫌なときにしましょう。また使用時間5分程度から始めてください。始めから長時間の使用は赤ちゃんへの負担も大きくなります。水に慣れ出したら、赤ちゃんの機嫌や状態をみて使用時間を長くしても問題ありません。

  • 決まった時間に使用しよう
  • 毎日決まった時間に使用することで、生活リズムがつきやすくなり、ほどよい疲れでぐっすり眠ることができるようになります。お昼寝前や、お休み前に使ってみてください。

[2]スイマーバの使い方

準備と安全確認

  • 空気漏れがないか、確認する
  • 上→下の順に上下2か所の空気栓から空気を入れます。外周にシワが少し残るぐらいが適量ですが、少なすぎると危険ですので注意してください。
    空気が入ったら栓を差し込み、水の中に60秒沈めて、空気の漏れがないか再度確認してください。

  • スイマーバの位置やサイズを確認する
  • 空気を入れたスイマーバを試着してみましょう。首リングを両手で広げて、顔側からつけ、首の後ろで上下のベルトを止めます。この時、首リングの上にあごがのっているかどうか、首周りに指2本分のゆとりがあるかどうか確認しましょう。首リングに顎がのらない小さい赤ちゃんは、使用を控えてください。無理に使用すると、首リングから体が抜け落ちる恐れがあります。

  • バスタブの水温と水深を確認する
  • 水温の目安は、35度~41度です。ただ、熱すぎると赤ちゃんがのぼせてしまうので、35度前後に設定するようにしてください。季節や屋内で使用する場合や、屋外で使用する場合などさまざまな状況があると思いますので、その時の状況に合わせるようにしてくださいね。また、水温計を使って5分ごとに水温を測るようにしてください。
    水深は、赤ちゃんが足を伸ばしてちょうど底につくぐらいにしてください、もし、プールなど水深が深い場所で利用するときは、パパやママの足がつく深さの場所で使用してください。水深が浅すぎる場合は、赤ちゃんが転倒したり、溺水の危険があるので、最適な水深になるように注意してください。

      首リングの付け方

      • 首リングをつける
      • 生後6カ月までの赤ちゃんに使用する場合は、必ず大人2人で装着してください。1人が赤ちゃんを支え、もう一人が赤ちゃんに装着します。まだお座りできない時期ですので、無理せずに必ず大人が2人いる時に使用するようにしましょう。また、生後6カ月以降の赤ちゃんは、大人1人で装着することが可能です。使用中は、首がしまりすぎていないか、常に確認するようにしてください。

      • バスタブに入れる
      • 赤ちゃんを遊ばせる時は、食後を避け、機嫌が良い時にしましょう。スイマーバをつけた状態で、赤ちゃんの脇を支えてゆっくりとバスタブに入れてください。
        バスタブの水抜き栓がしっかり閉まっていることや、水温、水深は適切かどうか必ず確認してください。遊ばせている間は、必ず付き添ってあげてください。

      • バスタブから出る
      • 遊び終わって、バスタブから出る時は2人の大人が付き添うようにしてください。1人がタオルを広げて、もう1人が赤ちゃんを抱き上げて、タオルを持った方に渡します。
        そして、手があいた方が首リングをはずしてください。もう出るからといって、バスタブの中で首リングを外すことはやめましょう。

      [3]スイマーバを使用する際の注意点

      • 正しい使い方をしよう
      • スイマーバの使い方を説明しましたが、この通り正しく使用してください。2本のベルトを1本しか止めなかったり、首周りが窮屈だったりと、ちょっとしたことから大事故につながりかねません。
        購入時の説明書をしっかり読み、赤ちゃんの安全を第一に考えて使用してください。

      • 空気が漏れていないか、再確認をしよう
      • 過去にスイマーバを使用中に起きた事件の中で、空気が少しずつ漏れていたことがあります。空気を入れた後は、必ず水につけて空気の漏れがないか確認してください。少しでも違和感を感じ、心配になった場合はすぐに使用を中止してください。

      • 使用中は赤ちゃんから目を離さない
      • これが一番大切です。スイマーバは、赤ちゃんを1人で遊ばせるために開発されたものではありません。スイマーバに慣れて遊んでいる赤ちゃんをみると「ちょっとぐらい…」とトイレに行ったり、タオルの準備をしたりと赤ちゃんから離れる時間を作りがちです。
        しかし、その少し離れた時間で事故が起こってしまう可能性があるのです。
        また、一番多いのはお風呂に入っている時にママがシャンプー中、赤ちゃんがスイマーバをつけて待っている状態での事故です。
        スイマーバを使っている間は、決して赤ちゃんから目を離さずにそばにいるようにしてください。

      • パパやママが手の届く範囲で使用しよう
      • スイマーバで遊んでいる間、少し離れた距離から見てる…というのではダメです。もし何かあった時に、すぐ助けられるように、手の届く範囲で必ず使用してください。

      このように、スイマーバを使う際はパパやママが手の届く範囲にいて、赤ちゃんから目を離すことなくいると、事故は極力なくすことができます。
      正しい使い方、そして赤ちゃんのそばにいるようにして、少しでも違和感を感じたら使用を辞めてくださいね。

      [4]スイマーバの種類

      首リング


      さまざまな種類が販売されており、女の子にも男に子にもぴったりのデザインを選ぶことができます。うきわの中に鈴が2つ入っているのも音が鳴って楽しいですよね。空気を入れるハンドポンプと説明書もついていますので、説明書は必ず確認するようにしてください。
      価格:3,000円(税抜)
      対象年齢:うきわに顎が乗るようになってから~生後18カ月かつ体重11kgまで
      レギュラーサイズ:首周り29cm 首周り内径9cm
      小さいサイズ:首周り26cm 首周り内径8cm
      カラー:ダックイエロー・セーリングホワイト・ピンクベリー・ブルートレイン・マカロングリーン

      ボディリング


      胴周りにフィットするタイプの新しい赤ちゃんうきわです。脇の下でしっかり固定できるので、安定感があり、スイミングの練習にもなります。
      価格:3,200円(税抜)
      対象年齢:ベビーサイズ6カ月~2歳ごろ/キッズサイズ2歳~4歳頃
      ベビーサイズ:胴周り48cm
      キッズサイズ:胴周り52cm
      カラー:ダックイエロー(ベビーサイズ)・セーリング(キッズサイズ)

      マカロンバス


      沐浴やお風呂、水遊びと長く使えるふわふわベビーバスです。小さく畳めるので持ち運びにとても便利で、ベビーバスの中でしっかり座ることができるので、赤ちゃんもリラックスできます。
      価格:3,900円(税抜)
      対象年齢:生後0か月~24か月
      サイズ:外径48cm、内径30cm、高さ25cm、容量18L

      スイマーバ公式サイト

      [5]スイマーバを使って楽しい育児をしよう

      いかがでしたか。赤ちゃんのエクササイズに最適で楽しいスイマーバです。
      ただ、正しい使い方をしないと、事故につながりかねません。スイマーバを付けて遊んでいる時間はパパやママが赤ちゃんとコミュニケーションをしっかり取る時間として、赤ちゃんの近くでたくさん触れ合ってあげてくださいね。
      お風呂でぷかぷか遊んでいる赤ちゃんの姿は、本当にかわいいですよ!今しかできない時間をスイマーバで素敵な思い出を作ってください。

  • みんなこんな記事も読んでます

    関連するキーワード